減オナの絶大な効果

オナ禁の継続ができないのは、減オナから入っていないからだと私は断言できる。

何度も声を大にして言いたいのだが、欲望の管理はすべて《習慣》によってコントロールされる。《気合》や《根性》ではない。気合や根性の何が問題かというと、継続性がないからだ。

例えば今日、気合や根性でムラムラした気分を抑えるとする。でもそれを1週間後も2週間後も続けることができるだろうか?これは不可能なのである。通常の人間には不可能である。このことを知るべきだ。

睡眠にしても同じだ。8時間寝なければ眠い人間が、いきなり6時間睡眠にすると確実に眠くてやっていられなくなる。

もしも6時間にしたいのなら最初の1ヶ月は7時間30分にする。次の1ヶ月は7時間にする。というふうに1ヶ月に30分づつ短縮していき、4ヶ月後に6時間にする。

このように少しずつ変化させていくことが大切なのである。

同じ意味で食事制限によるダイエットも同様である。
私は過去に30キロのダイエットに成功したが、食生活を1年間かけて徐々に変えていった。

そのころは毎日間食を必ず食べており、また毎食の食事は《満足するまでお腹いっぱい食べる》という感覚が来るまで食べていた。

やったことは以下の順序だ。

1. メインの食事の食べる量は変えずに、間食の内容を週に3日だけ低カロリーなものに変えた
2. メインの食事の食べる量は変えず、内容を週に3日だけ魚に変えた
3. 週に2日だけ、満足するまでお腹いっぱい食べるということをせずに、腹8分目で辞めることに変えた

この1.2.3はそれぞれ1ヶ月ずつ時間をとって継続した。まず1に1ヶ月かけて、慣れてきたら2も追加して、という感じだ。

その後、1を週に6日まで持って行き(今でも週1で高カロリーな間食は食べている)、2も3も同様に週6日おこなっている。

これらを1年スパンで変化させていった。私は1回のダイエットに確実に成功することができた。これがもし、3ヶ月で30キロ痩せようと思ったらまずリバウンドしただろう。

ライザップなどもってのほかだと思う。あれは確実にリバウンドするに決まっている。大金を払っているから気合で1年くらいは持つかもしれない。

でも長い人生で必ずリバウンドするだろう。

オナ禁もこのように、一生ものの付き合いである。いきなり長期オナ禁など絶対にやるべきではない。そんなこと不可能だし、やったとしてもまたオナ猿に戻るのは目に見えている。

だから、まずは2日に1回に減らし、それに慣れたら3日に1回にし、というふうに減オナを確実に、着実に、無理のない範囲で行っていくことを強くお勧めする。

本能のコントロールは意志の力ではなく、習慣の力で行うものだということを強く主張しておきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>